​Ashtanga Yoga

シュリ・K・パタビジョイスによって考案されたアシュタンガヨガ

ヨガは人生の哲学であり、心身ともに活力に満ち溢れ健康な体をつくります。
アシュタンガヨガのひとつひとつのポーズを正しい順番で練習していくことにより、肉体、心理、精神といった、人体が潜在的に持っている能力を効果的に伸ばしていくことが可能になります。呼吸、ポーズ(アサナ)、視点(ドリスティ)この3つを同時に正しく行うことで私たちの感覚とより奥深くにある意識をコントロールできるようになります。また定期的、献身的な練習を行うことにより、心身の安定を得ることができます。


「アシュタンガ」とはサンスクリット語で、ヨガの八支則を指します。これらは禁戒(ヤマ)、勧戒(ニヤマ)、ポーズ(アサナ)、呼吸(プラナヤーマ)、五感のコントロール(プラティヤハーラ)、集中(ダーラナ)、瞑想(ディヤーナ)、三昧(サマーディ)の8つの枝から成っています。このひとつひとつの枝はお互いを支えあっています。これは、呼吸を正確に行うためにはポーズの修得が必要であり、それができてはじめてヤマ、ニヤマを身につけることができる、といったように全てが繋がっているということです。最初の外部的な4つの枝(ヤマ、ニヤマ、アサナ、プラナヤーマ)をしっかりとマスターしていくことにより、内部的な後の4つの枝(プラティヤハーラ、ダーラナ、ディヤーナ、サマーディ)が自然と進化していくのです。


「ヴィンヤサ」とは呼吸と身体の動きを同調させることを指します。呼吸は一つのポーズから次のポーズへと動きを正確につなげる手がかりとなります。
呼吸を通じ身体に入って来るエネルギーを外に漏らさないようにするテクニックである“ムーラバンダ”と“ウディヤナバンダ”を使いながら、呼吸と動きを同調させることにより、その結果体の中に非常に強い熱が発生します。この熱が筋肉や臓器を浄化し、体の中にたまった毒素を体外に排出させます。またこれと同時に有益なホルモンやミネラルが身体の中から放出され、汗が体の中に擦り戻されることにより更に体に還元されるのです。また呼吸がヴィンヤサをコントロールすることで、さらに効率のよい血液の循環が行われます。このような作用によって軽く力強い身体がもたらされてくるのです。


アシュタンガヨガのシステムは3つのグループに分けられています。プライマリーシリーズ(ヨガ・チキツァ)は体を浄化し、身体のゆがみを矯正します。インターミディエイトシリーズ(ナディ・ショダナ)は神経器官を浄化し、エネルギーの経路を開き、きれいにします。アドバンスドシリーズA、B、C、D(スティラ・バガ)はさらに高いレベルの柔軟さと謙遜的な姿勢を必要とし、ヨガの修練が持つ力強さと優美な面を統合します。


次のレベルのシリーズに進む前には、その前のレベルのシリーズを完全にマスターしていることが条件となり、ポーズが正確に順番通り行われていなければなりません。全てのポーズはその次のポーズへの準備となり、次のポーズへ移行するために必要な力強さやバランスを養うためのものであるということを忘れないでください。

【呼吸について】
アシュタンガヨガでは一定に連続した深い呼吸がとても重要視されます。呼吸が身体の動きを導くことで、動きがポーズを生み出し、それぞれの体の動きがなめらかに正確で完全に安定したものになります。 シュリ・T・クリシュナマチャリヤとシュリ・K・パタビジョイスは「呼吸は人生である」と説いています。呼吸は私たちが行う最も根本的且つ不可欠な行為であり、神聖な物として扱われています。吐く息は神へ向かう行為であり、そして吸う息は神から授け物をもらう行為であるというように。私達は最期に息を吐ききって死に到ります。これは最終的な神への完全降伏を意味しているのです。

 

【練習について】
努力無しには結果はありません。これまで西洋に紹介されてきたヨガのイメージとは違い、アシュタンガヨガは力強さやスタミナや汗をもたらします。この肉体的にハードな練習を続けることは大変な努力を必要としますが、その結果、身体中にたいへんなエネルギーがもたらされ神経器官は浄化され、ますます力強く生き生きとなっていきます。そして精神的にはますます明るく光り輝き、明瞭になっていくでしょう。 みるもの全てに神をみることができるようになる。」とシュリ・K・パタビジョイスは言っています。練習を重ねることでのみ、私達のグルがいつも言っていることの真理を感じ取れるのです。「全ては神である。」

 

以上の文章はシュリ・K・パタビジョイスの承認を受けた上でアニー・ペースが作成したものです。

この文章は一切の変更無しでの場合のみ、再配布が可能です。

 

​Ashtanga Yoga

Ashtanga Yoga in the Tradition of Sri K. Pattabhi Jois

 

Yoga is a philosophy of life, which also has the potential to create a vibrantly healthy body and mind.
Ashtanga Yoga, practiced in its correct sequential order, gradually leads the practitioner to rediscovering his or her fullest potential on all levels of human consciousnesshysical, psychological, and spiritual. Through this practice of correct breathing (Ujjayi Pranayama), postures (asanas), and gazing point (driste), we gain control of the senses and a deep awareness of our selves. By maintaining this discipline with regularity and devotion, one acquires steadiness of body and mind.

“Ashtanga” literally means eight limbs. They are described by Patanjali as: Yama (abstinences), Niyama (observances), Asana (postures), Pranayama (breath control), Pratyahara (sense withdrawal), Dharana (concentration), Dhyana (meditation), and Samadhi (contemplation). These branches support each other. Asana practice must be established for proper practice of pranayama and is a key to the development of the yamas and niyamas. Once these four externally oriented limbs are firmly rooted, the last four internally oriented limbs will spontaneously evolve over time.

“Vinyasa” means breath-synchronized movement. The breath is the heart of this discipline and links asana to asana in a precise order. By synchronizing movement with breathing and practicing Mula and Uddiyana Bandhas (locks), an intense internal heat is produced. This heat purifies muscles and organs, expelling unwanted toxins as well as releasing beneficial hormones and minerals, which can nourish the body when the sweat is massaged back into the skin. The breath regulates the vinyasa and ensures efficient circulation of blood. The result is a light, strong body.

There are three groups of sequences in the Ashtanga system. The Primary Series (Yoga Chikitsa) detoxifies and aligns the body. The Intermediate Series (Nadi Shodhana) purifies the nervous system by opening and clearing the energy channels. The Advanced Series A, B, C, and D (Sthira Bhaga) integrate the strength and grace of the practice, requiring higher levels of flexibility and humility.Each level is to be fully developed before proceeding to the next, and the sequential order of asanas is to be meticulously followed. Each posture is a preparation for the next, developing the strength and balance required to move further.

 

BREATH: The continuity of deep, even breathing cannot be overemphasized in the Ashtanga Yoga system. When breath feeds action, and action feeds posture, each movement becomes gentle, precise, and perfectly steady.

According to the teachings of Sri T. Krishnamacharya and Sri K. Pattabhi Jois, “Breath is Life.” Breathing is our most fundamental and vital act and holds a divine essence: exhalation a movement towards God, and inhalation an inspiration from God. Our last action in life is to exhale, which, in essence, is the final and total surrender to God.

 

PRACTICE: It is said that where there is no effort there is no benefit. Strength, stamina and sweat are unique aspects of this traditional Yoga, seemingly contrary to Western perceptions of Yoga.

This demanding practice requires considerable effort and taps into and circulates a vital energy throughout the body, strengthening and purifying the nervous system. The mind then becomes lucid, clear and precise; and according to Sri K. Pattabhi Jois, “Wherever you look you will see God.” Only through practice will we realize the truth of what our guru often says:

“Everything is God.”

This information has been generously provided with the approval of Sri K.Pattabhi Jois. 

Please honor its authenticity and distribute only in unaltered form